ぶりたにあ生活

UO(ウルティマオンライン)でぼーっと異世界生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

UOマフィンの素朴な疑問

唐突だが、フト思った。

「UOのマフィンって甘い?甘くない?」

マフィンは実は二種類ある。一つはそれほど甘くない「イングリッシュマフィン」もう一つはアメリカ系の甘い「ケーキ・マフィン」。今一般的に「マフィン」と呼ばれているのは、後者の甘いマフィンである(イギリスでさえそうらしい)。

この二つのマフィン、形もかなり違うのだが、いずれにせよ丸っこいのでUOのグラフィックではいまいち区別がつかない。

UOは基本的にイギリスベースなので(ぶりたにあの地図もブリテン島がひっくり返ったような形をしているし)、実はUOのマフィンは、イングリッシュ・マフィンなのかもしれない・・・が、一応アメリカのゲームであることを考えると甘いマフィンなのかとも思ってしまう。

とりあえず、とちょいと調べたところでは、イングリッシュ・マフィンの方が歴史が古いらしい。といっても50年ほどのようだが。1800年辺りから食べられるようになったとか。甘いマフィンは1850年代以降、ベーキングパウダーが開発されてからアメリカで作られるようになったらしい。

1800年代・・・むむむ。

UOっていつの時代がベースなんだろう?動物園があるので、大航海時代が始まって以降であるのは確か。

紅茶はない。マフィンはある。

紅茶は1700年代終わりの方で開発されたようなので・・・それがイギリスに入って云々、と考えると、1800年代初頭くらいなんだろうか。

とすると、実はUOのマフィンは甘くないのかもしれない。

うーん、もう一押し証拠が欲しいなあ・・・

というわけで、砂糖から攻めてみることにした。ぶりたにあを見る限り、砂糖はあまり普通にあるものではない様子。ケーキはあるが・・・

ちなみに、1844年に製糖業に遠心分離器が導入されたとのことなので、砂糖が「お求めやすい」感じで普及するのは多分それ以降だろう。

と考えるとやっぱり1800年代前半っぽい

とりあえず値段調査。砂糖を使っているに違いないケーキ13gp、マフィン3gp(Tブリテイン価格)。

・・・・た、高いのか、安いのか?分からん・・・マフィン4つちょっとでケーキ1個分のお値段。そうだ、パンの値段を調べねば・・・1個(安い方で)5gp。

ふむ、ということは、マフィンには砂糖はあまり入っていないと見た。そもそもぶりたにあにベーキングパウダーというのが違和感がありすぎる。

というわけで、UOマフィンは、イングリッシュ・マフィンなのだろうと勝手に推測。

瑞穂のみなさーん、安心してたくさん召し上がれ。ああ、でもアルティメット・マフィンは特別なので別かも知れない・・・

P.S.どーでもいいことだが、個人的にイングリッシュ・マフィンは好物だったりする。半分に割いて、オーブンで焼いて、バターやジャムを塗るととてもおいしい^^b
[ 2012/09/21 16:30 ] 日記 | TB(-) | CM(4)
ブリタニアンマフィンの材料は
小麦粉と水と蜂蜜だけ!
ノンシュガーでヘルシーなお菓子です。
[ 2012/09/22 14:45 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
蜂蜜!そうだ、蜂蜜という手がありました。
ほんのり甘いかなあ~。
ヘルシーでいいですよね^^。やっぱりマフィンなのだ~。
[ 2012/09/23 14:52 ] [ 編集 ]
No title
ブリタニアの時代設定はルネサンス以前の暗黒の中世あたりかなと、勝手に思ってました。

小麦粉を製粉するための製粉機と
エクソダスみたいな機械生命体が一緒に存在するという
謎の中世ですけどw
[ 2012/09/24 18:44 ] [ 編集 ]
Re: No title
私ももう少し前かなあと思っていました。16世紀~17世紀辺り?大航海時代が始まった頃かな、と。
でも案外もう少し後みたいです。
イルは、人間の文明ではない設定らしいので、異次元か宇宙起源っぽい・・・(UO&ウルティマシリーズに詳しい人なら知っているかも)
[ 2012/09/25 14:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。